丈夫で美しく、精度の高いセラミックの歯科治療

セラミック治療前、セラミック治療後

銀歯にするのが嫌な方、金属アレルギーが気になる方、きれいな白い歯にしたい方。 そのような方々に人気なのが、セラミック歯の治療です。 丈夫で変色せず、精度の高い技工が可能なセラミック歯は、当院でも人気の治療です。

当院では、セラミック歯の治療に10年の保障を行っております。 保証期間内において万一再治療が必要となった場合は、保証書に基づき無償で対応いたします。

歯と体にやさしく、審美性も高いセラミック

セラミック治療前、セラミック治療後

セラミックの歯科治療の特徴として、美しい白い歯にできることがあげられますが、セラミック歯で治療する利点は、それだけではありません。

セラミック歯には、変色しにくく、辺縁まで精密な技巧物(人口歯)を製作できるという特徴があります。 そのため、虫歯の再発や、変色による再治療のリスクが、大幅に軽減されます。

再治療の度に、歯にはダメージが加わりますし、その際の治療費もかかってしまいます。 健康で美しい歯で長く過ごすためには、セラミックでの治療が最適です。

また、金属を用いた治療では、歯ぐきとの境い目から金属が透けて見えてしまったり、 金属の成分が溶け出して黒く変色したりする事がありますが、オールセラミックであれば、そのような心配もありません。

セラミックでの治療では、歯の形、色を美しく調整することができます。 ナチュラルな歯の色を再現する事も、天然歯の部分にホワイトニングを行い、白くなった歯の色にあわせて明るい色調にすることも可能です。

補うセラミックの形状をコントロールすることで、歯と歯の間のすき間を補ったり、美しく見える形に形成したりする事もできます。

当院ではお口元のトータルな美しさを実現するために、歯肉の色や形の改善も行っております。 より美しい口元のための審美治療をご希望の方は、どうぞご希望をお話ください。

セラミックで行う歯科治療

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンは、冠全体がセラミックで出来ているクラウン(かぶせ物、差し歯)のことです。
昔のオールセラミックは耐久性の点でメタルボンドクラウンに劣りましたが、現在では耐久性の高いオールセラミックが開発されています。

セラミックインレー

軽い虫歯ができた場合に、患部を除去し、除去後にできた歯の隙間を埋めるように、治療物で補う詰め物の治療です。セラミックインレーは、厚さや形状の精密な技工物を作成できるため、隙間から虫歯菌が入り込むリスクを大幅に減らす事ができます。

セラミックアンレー

虫歯が進んで除去する箇所が大きく、かみ合わせの部分全体を補うことになった場合の治療が、アンレーです。インレーより大きく補うため、銀歯とセラミックの違いがより大きくわかります。

メタルボンドクラウン

セラミックの内側に、金属フレームの補強がなされているクラウンです。従来から広く行われてきた信頼性の治療法ですが、近年、耐久性の高いオールセラミックが開発されたため、主流がそちらに移行しつつあります。

セラミックブリッジ

失った歯を補うために、両隣の歯を支えにして、上から連結した治療物をかぶせる治療法。橋を渡すような形状から、ブリッジと呼ばれています。失った歯の本数などによって、設計が変わってきます。

ラミネートベニア

極薄のセラミックのシェルで歯の表面をコーティングする技法です。
歯の色や形を美しく整えることができる、審美歯科治療です。セラミック治療の中でも、ドクターの技量の差が出やすい技法でもあります。



このような場合に、セラミック治療が適しています

銀歯

銀歯は避けたい

銀歯の治療をしたくない場合や、お口にある銀歯を白く直したい場合に、
セラミックで白く補います。

過去の治療物

過去の治療物が気になる

古い治療物が黄ばんできた箇所や、詰めた銀歯の色が透けて見える箇所、歯そのものの色が気になる場合などに。

歯ぐきの境い目

歯ぐきの境い目が気になる

内側に金属を使った治療を行った歯の根元や歯肉の境い目が黒ずんできたり、歯肉のラインが下がって根元が目立ってしまう場合などに。

前歯のすき間

前歯のすき間が気になる

セラミック歯で、前歯のすき間を短期間できれいにできます。矯正、部分矯正とセラミックのうち、その方に適した治療法をご提案いたします。

変色した治療物

変色しない材料で治療したい

レジン(歯科用プラスチック)での治療は、時間がたつにつれて変色していきます。一方、セラミックで製作した歯は変色はしません。

アレルギー反応

アレルギーの心配のない材料で治療したい

金属を使用した治療では、見た目の問題だけでなくアレルギーが生じる可能性もあります。セラミックはアレルギーの心配のない、生態親和性の高い材料です。

虫歯

虫歯が再発しにくい材料で治療したい

詰め物がぴったりと入っていないと、すき間から虫歯菌が入り、虫歯が再発することがあります(二次カリエス)。精度の高い技巧が可能なセラミックであれば、辺縁までぴたっと合う精度の高い詰め物が製作できます。

歯の黄ばみ

歯の黄ばみや、変色歯が気になる

ホワイトニングでは白くすることが難しい変色歯や、よりきれいな白い歯にしたい方に、セラミックでの歯の美白が行えます。


セラミックの進化とメタルフリー治療

人工ダイヤモンドのセラミック歯

人工ダイヤモンドのセラミック

セラミックは美しく硬度の高い材質ですが、使用する際に微細なクラックが入ることがあり、噛み合わせる力の強い方の場合には、それが原因で破折してしまう事がありました。

そのため従来のクラウンは、補強のための金属のフレームの上にセラミックを焼き付けたもの(メタルボンドクラウン)が主流でした。

しかし「ジルコニアセラミック」の登場により、金属を用いなくても十分な耐久性のある歯科治療が可能となりました。

ジルコニアは人工ダイヤモンドとほぼ同じ成分で出来ており、結晶構造の特殊性によりクラック発生時にジルコニア自体がそれを打ち消す方向に働き、破折を防止します。

ジルコニアは金属と同様の強度を誇り、欧米では「白いメタル」と言われる事もあるほどです。 透明感に優れ、より審美的で耐久性の高い、メタルフリーの治療が実現できます。

>>ジルコニアセラミックについてはこちら

メタルフリー治療とファイバーポスト

メタルフリー治療とファイバーポスト

虫歯治療や神経の根の治療をして歯冠がなくなり、そのままではクラウンが装着できない出来ない場合、人工の土台であるコアが必要になります。
コアの材質としては金属のものが一般的ですが、金属アレルギーの懸念や、より審美性の高い治療へのニーズの高まりから、グラスファイバー製のファイバーポストを選択される方が増加しています。

金属のコアは強度ありますが、その硬さが原因となり、歯根の破折が起こる場合があります。 ファイバーコアは、適度なしなやかさがあるため、歯根破折を起こしにくいという特徴があります。

ファイバーコアは金属と違って光を通すので、ジルコニアやオールセラミッククラウンを被せた場合、歯の根元の歯ぐきが暗い色にならず、美しく自然に仕上がります。

オールセラミックの治療、メタルフリーの治療をご希望の方は、 お気軽に医院までご連絡ください。

ご予約・お問い合わせ

03−5537−0335

年中無休

【平日】10:00〜19:00

【土日祝】9:00〜18:00




pagetop