銀座池渕歯科における
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策についてのご案内と、お願い

 

感染予防への取り組み

緊急事態宣言下のもと、患者様のみなさまも、予期もせぬ多くの制約の中、実に不自由で不便な暮らしを日々、お過ごしになられていることだと思います。
こういう状況下ではありますが、当院では新型コロナウイルスへの感染予防に考慮しつつ、「歯が痛い」「歯が欠けた」「かぶせ物が取れた」「歯ぐきが腫れた」といった様々なお口のトラブルに、これまでの平常時と同様に、可能な限り対応いたします。

当院では安心して歯科治療を受けていただくため、日頃から常々、感染予防への取り組みを行なってまいりました。
ですが、今回の新型コロナウイルスの流行にともない、新たにさらなる対策も行なっております。

〈受付、お会計時について〉

  • 全てのスタッフがマスクを常時着用。受付時やお会計時にも必ず着用にて対応しております。
  • 受付スペースは、患者様とスタッフとの距離が「密」にならないよう、またお互いの感染予防のため、二重の透明なビニールシートにて空気の流れを出来るだけ遮断しております。ビニールシートも消毒、除菌スプレーを定期的に噴霧しております。
  • 受付時やお会計時に、診察券や硬貨、お札や各種カード類等の受け渡しは、トレーを介した間接的な授受を基本とします。また受け渡しの前後には、スタッフの手指の消毒を徹底させております。
  • ご来院時にご自由にお使いいただけるよう、受付スペースや待合スペース、またお化粧室にもそれぞれ常時各種消毒、除菌薬を置いております。ただしアルコールや塩素を含めアレルギー、皮膚過敏症の方は、ご遠慮なく受付スタッフにお申し付けください。患者様用の手袋(各種ゴム手袋やビニール手袋、布手袋等)もご用意しております。またその際、ラテックスゴムや化学物質アレルギーの方はご相談ください。
  • お電話やメールでのご予約時点で、発熱症状があり37・5度以上の体温の方は、熱の症状が落ち着き平熱になってから再度、ご予約のご連絡をいただければ幸いです。
    ご自身の体温が不明で、医院での体温測定をご希望の方は、受付時にお申しつけいただけば非接触型体温計をお貸しいたします。
    発熱症状があるものの、耐えられないぐらいの歯や歯ぐきの痛み、腫れ等の急性症状があり、緊急の歯科治療をご希望の方は、お電話やメールでのご予約の際にその旨を必ずお伝えください。
    その場合は、来院による万が一の、院内での新型コロナウイルス感染を防ぐために、当日の予約状況を考慮し、出来るだけ他の患者様の来院と重ならないように、また感染予防の準備、片付けのための時間とスタッフ確保の上、ご予約をお取りさせていただきます。
    可能な限り患者様のご要望、ご希望には添えるよう努力いたしておりますが、感染予防のための院内管理による様々なご不便が生じますこと、何卒ご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

〈診療における感染予防対策〉

  • 歯科医師、歯科衛生士の医療用ゴム手袋や、うがい用コップ、エプロン、ヘッドレストカバー(頭部に接する診療台のカバー)、滅菌バック(患者様治療に使用する器具を入れる袋)、器具トレー(治療器具や薬品を置くための防水処理をした薄い容器)は、患者様ごとに使い捨てております。
  • 滅菌可能な全ての器具や機器は、オートクレーブ(高圧滅菌器)にて診療ごとに毎回、滅菌しております。当院ではエアタービン、コントラアングルといったハンドピース類(口腔内での切削機器)やエアスケーラー等の歯石除去機器も含めてクラスB(世界で最も厳格な滅菌レベルであるヨーロッパ規格)もしくは専用のオートクレーブで、使用ごとに毎回、完全滅菌処理を行っております。
  • 医院の全ての診療チェアーごとに、患者様のすぐそばに、大型タイプの高機能次亜塩素酸空間除菌機とプラズマクラスター空気清浄機をそれぞれ設置しております。イオン化され生成された次亜塩素酸を空気中に揮発させ、さらに還流させた空気中の細菌やウイルスを次亜塩素酸フィルターで濾過除菌させることによって、診療スペース内の空気を常に除菌された状態に保っております。
  • 当院では、給水路およびバキューム内の自動洗浄システムを備えた診療チェアーを使用しています。安心かつ安全に治療を受けていただくため、治療機器に用いる注水用の水を衛生的に保てるよう、絶えず心がけております。
  • 各患者様の診療後は、オートクレーブ(高圧滅菌器)で滅菌可能なものは全て滅菌し、その他の使用した診療機器、器具のカバー等は廃棄しております。
    また、消毒用アルコール、次亜塩素酸水、アルカリイオン水等の各種消毒薬を、器材の種類や感染のリスクレベルに応じて使い分けて、可能な限り殺菌消毒しております。
  • 通常は、次の患者様の診療時間に影響が出ないよう、準備や片付けを含めて30分単位あるいは1時間単位でのご予約をお取りしております。
    ただし、前の患者様の診療内容や感染リスクの可否によっては感染予防の観点から、殺菌消毒レベルを上げての、様々な衛生管理作業が加わり、予定外の手間や時間が必要なケースもあります。 その際は通常より、診療準備のためのお時間をいただくこともあるため、ご予約のお時間より多少お待たせすることがあるかもしれません。誠に恐縮ではございますが、ご理解いただければ幸いです。
  • 診療スタッフ(歯科医師、歯科衛生士)の診療時における感染予防のため、診療スペース内ではマスクに加えて、ゴーグルやシールドマスク着用のままで患者様に対応や応対させていただいております。同様な観点からゴム手袋も着用の場合もあります。
    診療スペースへの導入の際や、診療時の患者様へのご説明時には、声も聞き取りづらいかもしれません。また何よりも視覚的に、心理的な威圧感や医療に対する恐怖心を想起される方もいらっしゃられるかもしれません。ここは何卒、現在の非常事態おいても歯科医療を継続させるための対応策の一環と、深いご理解をいただければと存じ上げる次第です。
    その上で、極度の歯科恐怖症の方あるいは歯科パニック症の既往がある方は、お電話やメールでのご予約の際に、その旨を受付にご相談していただければ、診療時に可能な限り対応させていただきます。
  • 2020年5月1日現在、歯科業界においても医療用マスク、医療用ゴム手袋、消毒用アルコールをはじめ、医療用ガーゼ、ワッテ(カット脱脂綿)、コットンロール、滅菌バック等の診療に必要な消耗品が、ほぼ全て流通停止状態になっており、入手が不可能もしくは極めて困難な状態です。
    当院では日ごろから災害時あるいは緊急時に備えて、常時日々の医療用の消耗品や医薬品を備蓄しております。
    そのため幸いにも、当院においては医療用資材、物品不足から生じる影響は、現在のところ極めて軽微です。新型コロナ流行以前と、診療水準に変化は生じておりませんので、ご安心してご来院ください。

〈玄関、待合スペース〉

  • 現在、雨天時以外の診療時間内は、玄関およびベランダに面した窓は開放し、屋外との出入り口付近には空気清浄機機能の扇風機を配置し、換気を促しております。また屋内の全ての空気清浄機および換気扇は常に最高出力にて稼働させております。可能なかぎりの室内と屋外との空気の入れ替えを心がけております。
  • 人の出入りの多い玄関、待合スペースには大型の高機能次亜塩素酸空間除菌機を設置しております。室内に次亜塩素酸イオンを含む空気を満たすことによって、浮遊する細菌やウイルスを除菌しております。
  • 室内での湿度の上昇は、空気中に浮遊するエアロゾル(飛沫)の乾燥を妨げ、エアロゾルに棲息する多くのウイルスの生存率を高めてしまう、という指摘があります(>>詳しくはこちら)。
    そのため、雨天時においては、外気流入による室内の多湿を防ぐため、空気清浄機および換気扇による換気を主とします。その上で、室内空調機による除湿により屋内の湿度管理を保ちながら数時間おきに、一定の湿度下でのみ注意深く、玄関や窓の開放による屋外との大気の交換を行なっております。
    また今後、夏へ向かうとともに、気温の上昇にともなう冷房の必要性が、急速に高まります。 そういった環境下においても、室内の冷房、除湿を行いつつ、なお十分かつ適切な換気をおこなうために、知恵を絞り努力をいたします。
  • なるべく院内に、患者様が「密」にならないよう、予約管理に注意を払っております。また、待合スペースで、できるだけお待たせしないよう、会計等の事務機能の効率化を進めたいと思います。
    具体的には、paypay 等のスマートフォン決済や各種電子マネー、またクレジットカードをご利用いただいてのお会計を、積極的に進めております。
  • 待合スペースには、予備のサイドチェアーをいくつか置いてあります。お待ちになる患者さま同士が少しでも近距離にならないように、との心ばかりの配慮です。ぜひご利用ください。
  • 待合スペースにも各種消毒、衛生用品をご用意してあります。ご自由にご利用ください。
    それぞれの成分等についてご不明な点があれば、ご遠慮なくご質問ください。

〈妊婦さんやお子様の受診、お子様連れの方のご予約について〉

  • 妊婦さんの受診に関してです。できれば、事前に産科の担当医の了解があれば安心です。基本的には、妊娠の安定期には一般的な歯科診療を、多少の制約はありますが、今までと同様に行うことは可能です。
    妊婦の方でも、急性症状のある方、あるいは急を要する処置をご希望の方等、歯科治療でお困りの方は是非、当院までご連絡ください。その際に、その旨をお伝えいただければ、あくまで当院で可能な範囲ではありますが、出来るだけ配慮をもって対応させていただきます。まずはお電話にてご相談ください。
    当院で歯科治療が可能な場合は、なるだけ待合スペース等で他の患者様と「密」にならないようご予約の時間帯も調整させていただきます。
    ただし新型コロナウイルスの病態については、いまだに様々な不明な点があります。また対応法についても医療関係者の間でも見解や意見の大きな相違があったもします。 ましてやワクチンや画期的な治療薬のない現状でありますので、歯科的には、あくまで緊急性の高い急性症状以外の方は、出産後あるいは今回の緊急事態宣言の解除後に、ご来院されるのが懸命ではないかと考えております。
  • お子様の治療、もしくはお子様連れでの治療ご希望の方へです。
    ご予約の際は、できればお電話にてお子様の年齢、あるいは付き添いの方の人数等の情報を事前に教えていただくと助かります。
    この場合の妊婦さんの場合と同様に、なるだけ待合スペース等で他の患者様と「密」にならないようご予約の時間帯を調整させていただきます。

〈最後に〉

非常事態宣言下、現在も新型コロナウイルス感染拡大中の現況ではありますが、患者様へ十分かつ満足できる歯科治療や医療サービスをこれからも提供し続けられるよう、スタッフ一同全力を尽くす次第であります。今後とも銀座池渕歯科をよろしくお願いいたします。
今後の皆様がたの健康や、症状がある方のご回復、そして新型コロナウイルスの早い収束を心よりお祈り申し上げます。


銀座池渕歯科 院長 池渕剛

Facebookページ





pagetop