感染予防・滅菌システム

 

ハンドピースに至るまで、お一人ごとに滅菌しております

当院では患者様に安心で安全な医療の提供をできるよう、日々の診療を行っています。

安全な医療を行うにあたって、最も基本となることは衛生管理です。 全ての医療行為は、徹底した衛生管理の上に成り立っているといっても過言ではありません。

口腔粘膜に触れ、唾液や血液が飛散する環境で治療する以上、患者様への衛生管理を徹底することは、歯科医療人の義務であると当院は考えます。

医療安全の観点からディポーザブル(使い捨てタイプ)製品を多用し、その上で、患者様の口腔内へ用いる器具は、ハンドピースやエアースケーラーなどの切削器具を含め、お一人お一人ごとに完全滅菌を行ったものを使用しております。

>>切削器具の滅菌に関して

ヨーロッパ基準最高クラスの滅菌器による徹底した滅菌

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)

滅菌を行うにあたって、最高の滅菌レベルを目標に掲げ、医療先進国であるヨーロッパの基準である、EN1360の最高クラスの規格をクリアーしたオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を装備し、これによって滅菌可能な器具を全て滅菌しています。

当院に設置されたドイツのシロナ社製の「DACプロフェッショナル」は、医療用大型滅菌器の規格を満たした上で歯科用に小型化した高度なオートクレーブ(滅菌器)です。

日本で一般的に使用されている通常のオートクレーブ(滅菌器)では困難な、中空の物(インプラント用インスツルメント、ハンドピース(高速の水流を出しながら虫歯を削ったりする機材)のように内部にチューブ状に空洞が存在する構造のもの)等や、多孔性のもの(手術用の布やガーゼ等、微細な穴が多数ありているもの)を安全、確実に滅菌します。

滅菌を行うには被滅菌物の全ての面に飽和蒸気(高温の水蒸気)が当たる必要があります。

しかし、滅菌パック内物や、中空の物、チューブ状のもの、繊維製品等は、その内部の空気が蒸気の浸透を妨げるため、完全、確実な滅菌のためには、内部の空気を除去しなければなりません。

当医院で導入している「DACプロフェッショナル」は、滅菌器内の滞留空気を抜き、真空状態にしながら飽和蒸気を注入します。

この工程を数回繰り返すことにより、あらゆる被滅菌物の隅々まで蒸気を行き渡らせ、最高の滅菌を行います。

オートクレーブ(滅菌器)

当医院では、「DACプロフェッショナル」に加えて、シロナ社製「DACユニバーサル2」というハンドピースやコントラアングル、エアスケーラーといった回転切削機器や振動清掃機器専用のオートクレーブ(滅菌器)も備えています。

タービン、コントラアングル等の回転切削機器の完全な滅菌は、ヨーロッパ基準のEN13060クラスS規格をクリアした滅菌器でないと不可能であり、国内で一般的に使用されている滅菌器だけでは機器の内部の滅菌は不完全にしか行えません。

ハンドピースの適切なメンテナンスには洗浄(内部、外部)、注油、滅菌という3つの重要な過程が必要です。 日々の業務の中で内部のクリーニングは不可能です。また、手作業での注油は個人差が出るため、必ずしも十分とはいえない場合も生じます。

「DACユニバーサル2」は、ヨーロッパ基準EN13060クラスS規格をクリアした滅菌器であります。なおかつ、こうして切削器具の内部洗浄、外部洗浄、注油、滅菌の一連のステップがわずか16分で完了し、全て密封された滅菌器内で完結します。

このことは、切削器具のメンテナンスの際のオイルミストや汚物の院内への飛散を防ぐことができ、院内での交差感染のリスクを減らします。

さらに飛散の防止のために、高性能でパワーの強い空気清浄機を設備。歯科医院独特の薬品のにおいさえ感じないほど、クリーンな空気を保っております。

また、脱塩素水自動供給装置も装備しています。装置により、これらの滅菌器へ安全で衛生的な水が自動的に供給され続けます。

逆流防止システムが内蔵されたこの装置によって精製された水は、EN1717基準をクリアするレベルの水となります。(EN1717とは、ヨーロッパにおける飲料水設備のための汚染防止装置に対する規定です。)

このように、一人ひとりの患者さんに対して、ピンセットやミラーといった基本的な器具だけでなく滅菌可能なものは全て、切削器具も含めて、治療で使用後、一回一回患者さんごとに、洗浄、滅菌を行っております。

可能な限りディスポーザブル(使い捨て)を徹底し、高圧蒸気滅菌器、ハンドピース滅菌器などの各種機器にて滅菌処理を行っておりますので、お子様からご年配の方まで、安心して治療を受けていただけます。

給水管路クリーンシステム搭載のクリーンな歯科治療用チェア

衛生的な歯科ユニット

治療ユニットの中を流れる水は、使用されている水道水の残留塩素の減少や給水系の水路管にできたバイオフィルムなどにより、多くの細菌が存在しているという指摘があります。

アメリカでは、疾病予防管理センターの歯科医療における感染管理のガイドラインで、治療に使用される治療ユニット水は安全な飲料水の水質基準を満たすように勧告されています。

日本においては、まだまだ取り組みは遅れており、給水管路の衛生に何ら対策をとっていない歯科ユニットが、数多く存在しています。

衛生的な歯科ユニット
衛生的な歯科ユニット

当院では、給水管路クリーンシステムを搭載した歯科用ユニットを導入。診療後、残留水を排出する際に洗浄液を管路内に滞留させ、診療開始時に排出することで、衛生的な給水環境を保っています。

またユニットには、エアーと水回路内の細菌、微粒子を捉え、クリーンなエアーと水を供給する歯科用除菌フィルターに、吸引タンク内を自動的に洗浄するメンテナンスシステムも搭載されています。

注水回路へ異物を侵入させないエアータービン

さらに、エアータービンのAT・ARクリーンシステムは、回転停止と同時にエアーを逆噴射してヘッド内のエアー圧を高め、切削粉、汚物などがヘッド内部及び注水回路へ侵入するのを防止します。

一層強化されたインフェクションコントロールで、よりクリーンで快適な環境を患者様に提供いたします。

切削器具の滅菌に関して

当院では報道にあったような切削器具の使い回しは行っておりません。
患者様ごとに滅菌を徹底しております。

読売新聞より記事抜粋

「歯削る機器 7割使い回し... 感染研調査 滅菌せず 院内感染懸念」

歯を削る医療機器を滅菌せず使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性のあることが、国立感染症研究所などの研究チームの調査でわかった。 機器を介してウイルスや細菌に感染する恐れがあり、研究チームは、患者ごとに清潔な機器と交換するよう呼びかけている。

調査対象としたのは、歯を削るドリルを取り付けた柄の部分。歯には直接触れないが、治療の際には口に入るため、唾液や血液が付着しやすい。使用後は、高温で滅菌処理をした清潔な機器と交換することが、日本歯科医学会の診療指針で定められている。

調査は、特定の県の歯科医療機関3152施設に対して実施した。2014年1月までに891施設(28%)から回答を得た。

滅菌した機器に交換しているか聞いたところ、「患者ごとに必ず交換」との回答は34%だった。一方、「交換していない」は17%、「時々交換」は14%、「患者が何らかの感染症にかかっている時だけ交換」は35%で、計66%で機器を適切に交換していなかった。

同じ調査は、07〜13年に計4回、別の県でも行っており、使い回しの割合は平均で71%だった。

研究チームの泉福英信・国立感染症研究所室長によると、多くの歯科では人手や費用がかかり、アルコールで拭くなどの簡単な消毒や洗浄をしただけで繰り返し使っているとみられる。

歯科関係者の間では、今回の調査対象ではなかったが、ドリル部分も、同様に滅菌せずに使い回しされているという指摘もある。

読売新聞(2014年5月19日)より記事抜粋

ご予約・お問い合わせ

03-5537-0335

年中無休
Web予約はこちら

【平日】 10:00〜19:00

【土日祝】9:00〜18:00

new Facebookページ開設いたしました





pagetop