矯正歯科

 

矯正で歯並びやかみ合わせの悪さを改善し、美しい口元に。
噛む機能を向上し、歯並びによる口元のコンプレックスを解消いたします。

あなたに合った矯正法で、きれいな歯並びに

目立たない矯正

従来の銀色のブラケット(矯正器具)とは違う、目立たない白いブラケットや、透明なブラケットを用いて歯列矯正を行います。

マウスピース矯正

取り外し式の透明なマウスピースを使用する、歯列矯正です。着脱可能なマウスピースを装着して、歯並びを改善します。

部分矯正(MTM)

部分矯正(MTM)とは、1本〜数本の歯を矯正する方法です。全顎の矯正の場合より、期間と費用の負担を抑えることができます。

インプラント矯正

矯正用のインプラントを固定源に用いることで、一般的な矯正では難しかった症例が可能になったり、治療期間を短縮できたりします。

スポーツ、管楽器演奏時
のプロテクター

スポーツ、演奏時に、矯正器具が唇の内側に器具があたって痛みを感じないように、唇の内側を保護するプロテクター。

リテーナー(保定装置)

矯正後に、歯並びをキープするために使用される装置です。
当院では、透明なリテーナーや、着脱のしやすいマウスピース型のリテーナーなどを取り扱っております。

筋機能矯正
トレーナーシステム

歯並びに悪影響を与える舌癖や、口呼吸による口腔周囲筋の悪習慣の改善と、それに伴う歯列不正の改善を目的に、筋機能を矯正します。

口輪筋トレーニング

歯が出ている方の場合、口元の筋肉が通常の歯並びの方に比べて、弱かったり緩んでいたりする事があります。口輪筋を引き締めることで、口元の印象ををシャープに整えます。


矯正を行ったほうが良い歯並びの例

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

いわゆる「八重歯」や「乱ぐい歯」のことです。
歯と歯が重なりあったり、隙間ができたりします。


開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

奥歯は噛んでいても、前歯は噛み合わずに開いている状態です。
上の歯と下の歯の間に、隙間ができる噛み合わせです。


上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

いわゆる「出っ歯」のことです。
上の歯が、下の歯よりも突き出ている噛み合わせです。


反対咬合(はんたいこうごう)

反対咬合(はんたいこうごう)

下の歯が、上の歯よりも前に出ている噛み合わせです。


すきっ歯(空隙咬合)

すきっ歯(空隙咬合)

前歯の間に隙間ができてしまっている歯並びです。


歯並び、噛み合わせが良くないと

噛み合わせの悪さ(不正咬合)は、見た目や印象に与える影響と、それを気にする事によるご本人の精神面への影響だけでなく、さまざまな弊害を生み出す原因にもなります。

不正咬合によるデメリット

  • 虫歯や歯周病になりやすい傾向がある。
  • きちんと噛めないため、消化に負担がかかる。
  • 発音しにくい、発音が不明瞭など、滑舌の悪さの原因となる場合がある。
  • 肩こりや筋肉痛など、全身のバランスに対する悪影響。
  • 顎関節への悪影響。

口の重要な役割に、「噛む事」と「話す事」があげられますが、歯並びの悪さは、残念ながらそのどちらにも良い影響は与えません。

まず「話す事」に関しては、発声、発音が不明瞭になる場合がある、というデメリットがあげられます。 噛み合わせの状態によって、発音しにくい音が生じたり、発声しても伝わりにくい音になってしまう事があるからです。

次に「噛む事」に対しても、様々な悪影響があげられます。 歯並びがずれて歯が重なってしまった部分は、十分に歯磨きをしにくいためプラーク・歯石が付着しやすく、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

ご存知のように、虫歯や歯周病は成人が歯を失う2大要因です。歯を失っては、十分に噛む事が難しくなります。

十分に噛むことが難しい方は、噛む回数を増やしたとしても噛み砕けない事があり、普通に咀嚼ができる方と比べると、食物をよく噛まめないまま飲み込んでしまう傾向があります。 それが習慣になると、胃や腸といった消化器官に負担をかけたり、消化不良による栄養吸収量の低下などにつながります。

また、噛める箇所だけで噛んでいると、偏った噛み癖がつきます。 例えば、左右のどちらか片側だけで噛んでいると、片方の筋肉が発達するのにもう一方が硬直して、左右のバランスが崩れてきます。そのため、顔の左右の大きさが変わったり、血管や神経が圧迫される箇所が生じ、肩や首のこり、偏頭痛、目の疲れなどの、さまざまな不快な症状が出てくる場合があります。

他に、ストレス等による就寝時の無意識の食いしばりや歯軋りや、不正な歯並びによる偏った筋肉の使い方で、アゴの関節に無理な力を加えてしまうと、関節と頭の骨の間に介在する、クッションの役目をする組織(関節円板)がずれてくる場合があります。

そうすると、何となくアゴの開け閉めの時に引っ掛かるとか、ガクガクと音がするというった症状があらわれます。それが、顎関節症(がくかんせつしょう)です。

顎に痛みを感じる、口が開きにくくなるなどの症状が現れ、中には、偏頭痛などの症状に悩まされてしまう場合もあります。

矯正治療をはじめるにあたって

矯正といえば、お子様が行うものといったイメージがありましたが、今では、大人になってから歯並びを整える方も、多くいらっしゃいます。

従来の金属のブラケットによる矯正だけでなく、目立ちにくい矯正や、裏側から矯正できる方法や、取り外し式のマウスガードによる矯正など、様々な矯正法が選択できるようになったことも、大人の矯正が増加している一因といえるでしょう。

矯正治療には、ある程度の期間が必要です。 歯並びや顎骨、口周りの筋肉や舌の状態によって個人差がありますが、一般的には矯正そのものに1〜3年、治療後の保定(安定するまでの期間)に1〜2年くらいかかると思われます。

上の歯、下の歯の全体(全顎)を矯正する場合は上記程度の時間が目安になりますが、前歯のすき間など、目立つ一部分だけを矯正したい場合は、全顎の場合よりは矯正にかかる期間は短くなります。

また、そこまで時間をかけずに歯並びを整えたい方には、セラミックのシェルやクラウンを用いて歯並びを整える方法も、選択できる事があります。

当院では、お口全体と歯の状態と、ご希望に配慮して、適した処置を行います。 歯列矯正のご相談、お問い合わせに関してはご遠慮なく、医院へお電話にて、ご相談下さい。


ご予約・お問い合わせ

03-5537-0335

年中無休
Web予約はこちら

【平日】 10:00〜19:00

【土日祝】9:00〜18:00

new Facebookページ開設いたしました




pagetop